>>スポンサーリンク<<

  1. 昼キャバと夜キャバの違いを教えて

昼キャバと夜キャバの違いを教えて

営業している時間帯が違うので、勤務時間やお客様の客層が違うのは当たり前ですが、結局のところ、昼キャバと夜キャバの大きな違いは「働きやすさ」です。

「働きやすさ」と一言でまとめてしまうとぼんやりとして分かりづらいので、いくつか例を挙げてみます。

働きやすさとは、こういう事!

まずは営業スタイルが挙げられます。キャバクラというとキャバ嬢同士の競争がとても激しくて、電話やメール、LINEやSNSでの営業が多かったり、同伴やアフターで固定客を確保したり、ノルマがとても厳しいです。

それに対して昼のキャバクラは競争も激しく無く、営業ノルマも無いとよく聞きます。

またお酒の量も少なめです。夜キャバに行くのは食事の後だったり一軒飲んだ後が多いためにお酒の勢いに乗ったお客様につられて一緒に飲むということも多いようですが、昼にはそれほど飲んだお客様は来店せずに一緒に話を楽しみたいというお客様が多いようです。

お客様とお付き合いして一緒に飲む量が少なくなるので、飲んだ後のダメージが少なく済みます。


プライベートも充実しやすい

働きやすい=ストレスが少ないということではないでしょうか。

キャバクラは接客業でありサービスを提供する仕事ですので、どうしてもストレスは多くなりがちです。

夜の仕事だと肉体的負担も大きいですし、精神的ストレスも発散できる場所が少ないので溜め込んでしまうこともしばしばありますよね・・・。

昼キャバは規則正しい生活ができ、プライベートも充実しやすいので、ストレスを少なく出来るというのが大きな違いです。