未経験者が始めやすいというほかにも、昼にキャバクラで働くイイことはいくつもあります。

昼キャバのイイこと

まず一つ目は安定して稼ぎやすいということ。

「え!?夜のほうが給与が高いし、稼げるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、安定した収入を求めるなら昼のほうがメリットが多いかもしれません。

その秘密は時給x時間帯にあり。

一般的に夜のキャバクラは通常午後7時頃から午前1時くらいまでの営業時間ですので勤務時間は6時間程度になるのに対して、昼キャバは午前5時くらいから夕方まで営業しています。

その分、長い時間働くことができるので、一日あたりの収入で考えると昼に働くほうが良いということになります。

せっかく働くなら、誰もがたくさん稼ぎたいと思うものですよね。その点で昼のキャバクラは稼げる仕事なのではないでしょうか。


無理せず安定した収入を得られる

そして二つ目は規則正しい生活ができること。家庭の事情や門限があるので、やはり夜よりも昼間の方が働きやすいという人が多いです。

また大多数の人が昼間に働いているため、夜の仕事をしてしまうと、恋人・友人と合う時間が取れずにすれ違いになってしまうこともあります。

小さなお子様のいるママさんは夕方からは子供と一緒に過ごす時間が絶対必要です。昼キャバであれば、これらの心配は解消されます。

無理をしない働き方で、安定収入を得られるというのはとても大きなメリットですよね。

  • 1